,

Vert.x 3.1.0 Tutorial – 1 : Hello World

2015年11月7日

Vert.xの紹介は本家サイト(http://vertx.io/)に譲ってとりあえずHello Word!

まず、今回のソースコードはこちら

0.開発環境


  • Mac OS  X
  • java 1.8 以上
  • IntelliJ 14.

1 : IntelliJでmaven新規プロジェクト作成


  1. File ->New -> Project
  2. Mavenを選択しNext
    Project Setting
  3. maven project 設定maven project create
    • GroupId : totorial.vertx
    • ArtifactId : hello-verticle
    • Version : 1.0-SNAPSHOT
  4. Project name / locationproject_setting
    • name : hello-virticle
    • location : すきなところへ

2 : pom.xml に依存関係を追加


以下の依存関係およびbuildをpom.xml のversionの下に追加

<dependencies>
    <dependency>
        <groupId>io.vertx</groupId>
        <artifactId>vertx-core</artifactId>
        <version>3.1.0</version>
    </dependency>
</dependencies>

<build>
    <plugins>
        <plugin>
            <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
            <version>3.3</version>
            <configuration>
                <source>1.8</source>
                <target>1.8</target>
            </configuration>
        </plugin>
    </plugins>
</build>

Maven Project Windowより[Reimport All Maven Projects]を実行

reimport_mavent_project

3.Hello Verticle


HelloVerticle 作成

package tutorial.vertx;

import io.vertx.core.AbstractVerticle;
import io.vertx.core.Future;
/**
 * Created by bhags on 15/11/07.
 */
public class HelloVerticle extends AbstractVerticle {

    @Override
    public void start(Future<Void> fut) {
        vertx
                .createHttpServer()
                .requestHandler(r -> {
                    r.response().end(
                            "<h1>Hello Verticle!!! "</h1>");
                })
                .listen(8080, result -> {
                    if (result.succeeded()) {
                        fut.complete();
                    } else {
                        fut.fail(result.cause());
                    }
                });
    }
}

まず、HelloVerticleは AbstractVerticleを継承している。Vert.xの世界では 全てのverticleはコンポーネントである。AbstractVerticleを継承することでHelloVerticleよりvertxフィールドを取得することができる。

startメソッドはverticleがデプロイされると呼び出される。stopメソッドの実装も必要だがここではVert.xが代わりにGCを行ってくれる。また、startメッソドはFutureオブジェクトを受け取る。Futureメッソドはstartシーケンスの無事終わったか、エラーが発生したかなどをVert.x側に教えられる。Vert.xの特徴の一つとして非同期/non-blockingがある。verticleがデプロイされるとverticleはstart methodの終了を待たない。だからFutureパラメータの終了通知が大事である。

このHelloVerticleのstartではHTTPサーバーを生成しリクエストハンドラーをアタッチしている。request handlerはlambda式でrequestHandlerへ伝達されている。最後にサーバーは8080ポートにバウンドされポートのバウンドに問題なければfut.complete()を問題があれば(8080が使われているなど)fut.fail(失敗)を通知する。

4:Create fatjar


pom.xmlに以下ソースを追加

<plugin>
    <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
    <artifactId>maven-shade-plugin</artifactId>
    <version>2.3</version>
    <executions>
        <execution>
            <phase>package</phase>
            <goals>
                <goal>shade</goal>
            </goals>
            <configuration>
                <transformers>
                    <transformer
                            implementation="org.apache.maven.plugins.shade.resource.ManifestResourceTransformer">
                        <manifestEntries>
                            <Main-Class>io.vertx.core.Launcher</Main-Class>
                            <Main-Verticle>tutorial.vertx.HelloVerticle</Main-Verticle>
                        </manifestEntries>
                    </transformer>
                </transformers>
                <artifactSet/>
                <outputFile>${project.build.directory}/${project.artifactId}-${project.version}-fat.jar</outputFile>
            </configuration>
        </execution>
    </executions>
</plugin>

Run/Debug Configurationsでmaven実行configurationを追加 (Command line : clean package)

mvn_run_configuration

5:結果確認

targetに生成されたhello-verticle-1.0-SNAPSHOT-fat.jarを実行

java -jar /path/to/fatjar/hello-verticle-1.0-SNAPSHOT-fat.jar

*以下が表示されれば
11 07, 2015 10:31:44 午後 io.vertx.core.impl.launcher.commands.VertxIsolatedDeployer
情報: Succeeded in deploying verticle

http://127.0.0.1:8080へアクセス後以下が表示されればOK

Hello Verticle!!!

Comments are closed.